祷 -inori- 百年木材の神棚

百年木材 の 神棚シリーズ

– INORI –
モダンなデザインで和洋室どちらのお部屋の雰囲気にも馴染む
樹齢100年以上の銘木で作られた、神聖な鳥居付きの神棚が誕生
希少な樹齢100年超えの国産材を厳選して製材し、職人の手で一つ一つ丁寧に制作しました。デザインは、大分の木工作家「木屋かみの 神野達也」氏。木目の美しさを最大限に生かしたカットで、どの角度からも百年木材の端麗な姿を眺められます。

家内安全、商売繁盛のシンボルとして、さまざまなインテリアに馴染む新しいスタイルの神棚です。
新築のお祝い、店舗開店のお祝いなどにもおすすめです。

設置は簡単。設置したい場所に付属のビスを止め、神棚の裏側にある穴に掛けるだけです。

鳥居 タイプ
土台の切れ込みにはお札を挿し、壁に立てかけることで、日々の祈りを身近に感じることができます。
鳥居タイプ はこちら
クロス タイプ
シンプルなデザインのクロスです。日の光が当たるとその陰が壁に映り、時の流れをその陰の動きで感じることができます。
クロスタイプ はこちら
<素材>
樹齢100年超えならではの美しさ
高樹齢木にしか出せない木目の美しさや年月とともに変化する色合いをお楽しみいただけます。また長期間の天然乾燥により、木そのものの油分が艶を守り、経年変化を楽しめます。

鳥居タイプ : 百年木材 檜
クロスタイプ: 百年木材 杉・ウォールナット

<クリエーター:木屋かみの>
日常に寄り添う、
洗練された木工作品。
木屋かみの 神野達也
大分県由布市で生まれ育ち、大阪や東京でプロダクトデザイナーとして活躍した後、1993年に大分県にUターン。
日田市の家具メーカーにてデザイナー、湯布院町の木工研修所の嘱託職員を経て、
1998年に塚原高原で〈木屋かみの〉をスタート。
祷-INORI-の気持ちとともに。
売り上げの一部を石川・能登半島地震への義援金として寄付させていただきます。

この度の令和6年1月1日に発生した石川県能登半島地震により、犠牲となられた方々におくやみを申し上げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
令和6年4月30日まで
「祷-INORI-」の売り上げの一部を石川・能登半島地震への義援金として寄付させていただきます。
この活動が、被災地・避難所にいる方やそのご家族への助けになれば幸いです。
この期間、ラッピングがエコ包装となりますことをご了承くださいませ。

– 製作者 神野達也 氏 の想い –
『震災など自然災害が多い日本で自身はもちろん遠くに住む家族や友人の“健やかな日々を希う”暮らしの中の心の拠り所になれるようデザインしました。』